6
12月

屋根塗装に使用する塗料の種類

コメントは受け付けていません。

屋根は、皆さんよくご存知の通り、直接、雨や風、雪、紫外線などの影響を受けるので、外壁よりも厳しい環境となっております。

ですので、屋根塗装を実施するときは、外壁よりもグレードの高い、自然災害に強い塗料を選ぶ必要があるのです。

だからでしょうか?昨今、屋根塗装に使用する塗料では、アクリル系樹脂塗料はほとんど使われなくなりました。

現在の屋根塗装に使用される塗料は、ウレタン樹脂塗料、もしくは、シリコン樹脂塗料が主流となっているようです。

これらの塗料よりもグレードの高い塗料に、フッ素樹脂塗料がありますが、こちらは値段がかなり高いことから、使用する方はほとんどいないとのことです。

また、新商品の遮熱塗料、断熱塗料という塗料が誕生しましたが、これらの塗料は熱反射特性を持っており、屋根の温度の上昇を防止し、室内環境の向上にも役立つので冷房費の節電になるという機能面を持った塗料になっております。

これから当サイトでは「屋根塗装で知っておくべき10の事」を参考に、屋根についてしっておきたい情報をお伝えしていきます。

Comments are closed.